2021-22 オーセンティックユニフォーム(アウェー)
2021-22 オーセンティックユニフォーム(アウェー)
2021-22 オーセンティックユニフォーム(アウェー)
¥38,000

2021-22 オーセンティックユニフォーム(アウェー)

川崎ブレイブサンダース応援グッズ 人気NO1商品
<注意>
・他商品とのまとめ買い不可
・12月下旬のお届けのため開幕までにはお手元に届きません

こちらは【アウェーver.】になります。


【サイズ詳細】

M(肩幅33.7cm 着丈71.9cm 胸囲48.5cm)
L(肩幅34cm 着丈75cm 胸囲50.5cm)
XL(肩幅35.3cm 着丈78.1cm 胸囲52.5cm)
2XL(肩幅36.5cm 着丈81.2cm 胸囲54.5cm)
4XL(肩幅39cm 着丈87.4cm 胸囲58.5cm)
全選手をご用意しています。

【予約期間】9/4~9/20

【お届け】12月下旬届けになります
     
※こちらの商品は予約販売となります。
※商品はイメージです。実際の商品とデザインが異なる場合がございます。
※本商品は予約販売のため,ご注文後の変更・キャンセルは承れません。
※表示価格は税込み価格となります。


【デザイン】
昨シーズンに引き続き世界的ファッションブランド、有名アーティストなどのアートワークを手掛けるクリエイティブ集団「YAR」(ヤール)に手掛けていただきました。

「重なり・変化・調和」の3つをコンセプトとし、各所で「一体感」と「多様性」を表現しました。

クラブのテーマとして掲げる「伝統と革新」を踏まえ、シンプルでクラシカルな方向性を重視しつつ、大きな変更点である胸の切り替え(フロントボーダー)とパンツの両サイドの切り替えでは、太さの異なる線と多数の色が重なり、徐々にクラブカラーのブレイブレッドに変化していくグラフィックを採用しており、地域・ファン・クラブの一体感や、人種や性別、価値観などの異なる多種多様な人々を抱える地域やファンの皆さまに支えられていることを表現しています。

背面ではBリーグクラブでは稀なアプローチとして背番号の上に選手名をアーチ型で配置しました。

脇部分には、スピード感ある閃光をイメージしたビクトリーゴールドのラインと、川崎市のブランドメッセージをアレンジしたデザインをあしらいました。3色の線はそれぞれ太さや間隔が異なり、今季のコンセプトにある変化・調和を意識し、多種多様な川崎の街や人々を表現しています。また、街とともに戦い、バスケットボールを通じて川崎の未来をつくっていく想いが込められています。

【デザイナー】

YARは各方面のスペシャリストが集まるクリエイティブスタジオです。

アートディレクションとグラフィックデザインを軸に、映像、WEB、プロップ製作、空間演出、内装デザインなど、多くのクリエイティブコラボレーションを手がけています。また、コミッションワーク以外の活動も頻繁に行い、 東京、ロンドン、ベルリンなどでエキシビジョンも開催しています。
https://www.yar.tokyo/

【デザイナーコメント】

今季ユニフォームデザインのポイントは、「重なり・変化・調和」の3つをコンセプトに、多様性のある表現にチャレンジしました。まず、クラブ初の試みとして、フロントボーダーを取り入れたデザインにしました。
クラシックなデザインの代表的な表現の一つですが、単純なカラーの切り返しではなく拡大してみると、数種類の色・数種類の太さの線が重なり、混ざり合いながら、グラデーションのように色が変化していくという、幾何学的なグラフィックに落とし込んでいます。
また全体的なアクセントとして、サイドには一筋の閃光のようにビクトリーゴールドのシャープなラインを入れ、スタイリッシュな印象を演出しています。明るい未来を担う取り組みの一つとして、デザインで貢献できることを意識しながらデザインさせていただきました。

+

在庫数が残り件!

x

お酒は20歳以上から